トップページ採用情報先輩社員インタビュー中途2005年入社 建装部 内装2課 主任

聞いてみよう!先輩の声 中途社員編

中途2005年入社 建装部 内装2課 主任

朝日大学 中途2005年入社

有名菓子店から建築業界へ

以前は関西の有名菓子店で働いていました。結婚を機に岐阜へ移ることになり仕事を探そうとしていたところ、ヤマガタヤの取引先だった妻の実家に紹介してもらい、ここへ入社しました。ですので、建築に関してなにも知識がない状態からのスタートでしたね。
ヤマガタヤの魅力は、やはり人です。みな仲がいいけれどきちんとメリハリもある。トラブルや相談事があればすぐに上司に相談できる環境ですし、会社全体の風通しがいいと思います。

職人さんからの信頼がうれしい

入社からずっと建装部に所属しており、ボードやクロス、床材の手配や、それらを施工する職人さんの手配が主な仕事です。わたしの担当はコンサートホールやマンションなど大きな物件が多いため、繁忙期などは職人さんの空きがなく手配に駆け回ることも。工期がずれることなく、すべてが無事に終わったときはいつもほっとしますね。
個人的には、この仕事のおもしろさは人と人とのつながりができることだと思っています。長年つきあいのある職人さんたちに「お前の仕事なら請けるわ」と言われると、信頼してもらっているんだなとうれしくなりますね。

これからの建築業界のためにすべきこととは

昨今、建築業界の人手不足が叫ばれていますが、若い人たちに興味を持ってもらうためには、建築業界が抱える課題を解決しないといけないと感じています。わたしはスポーツ少年団の野球チームで監督を務めているのですが、いまの子どもたちは「いい子」が多い印象があります。指示をすればきちんとやってくれるんだけど、自分から気づいて動ける子は多くはない。自主性の高さが求められる世の中ですが、これからは、そうではないタイプのひともきちんと活躍できる場や環境をつくることが求められるのではないでしょうか。ヤマガタヤが、建築業界が、若者に魅力的だと思ってもらうためにはなにをすべきかをみんなで考えていきたいですね。

先輩一覧に戻る