トップページ採用情報先輩社員インタビュー中途2007年入社 リフォームガーデン部 営業1課 課長

聞いてみよう!先輩の声 中途社員編

中途2007年入社 リフォームガーデン部 営業1課 課長

名古屋文理大学 中途2007年入社

職人からヤマガタヤへ

大学卒業後は自営業者として働いていたので、中途採用ではありますが企業に就職したのはヤマガタヤが初めて。以来ずっとヤマガタヤ一筋です(笑)。
大学在学中のアルバイトでの縁がきっかけで、キッチンを取り付ける仕事をしていました。結婚を機に就職を考え始めたとき、自宅から職業安定所の途中にヤマガタヤのショウルームがあって。経験も生かせそうだし気になる会社だなあと思っていたら、偶然にも求人が出ていたのでこれは運命だと確信しました。

職人さんとのコミュニケーションが大切

入社してからはまずリフォーム部門の工務に所属し、現場管理や監督を担当しました。多少は施工の知識があったとはいえ、基本的にはキッチンまわりのことのみ。わからないことだらけでとても苦労したことを思い出します。そのときに学んだのは、職人さんとのコミュニケーションがいちばん大切だということ。さまざまな方に助けていただいたからこそ、今があると実感しています。

誠実さで信頼関係を築く

その後、営業職となり、現在はヤマガタヤの中鶉にあるショウルーム「THE REFORM Garden YAMAGATAYA」で、営業にあたっています。
今では、リフォームしたお客様からのご紹介もいただけるようになり、嬉しく思います。
リフォームは、お客さまの家や暮らしに合わせた提案が必要です。一軒一軒、課題も状況も間取りも違いますし、解体してみないとわからないこともあります。
わたしが心がけているのは、予想外の事態やトラブルが起きたとしても、包み隠さずすべてをお客さまに伝えること。お客さまとの信頼関係が築けていれば、クレームにはなりません。そして、確かな信頼関係を築くためには、社是にもあるように、誠実であり、約束を守ることがいちばん大切だと実感しています。

人生は一度きり。ともに挑戦しましょう

ヤマガタヤに入社する前と比べると、優しくなったと言われます。めったに怒らなくなりましたし、いま思うと昔はピリピリしてましたね。人に対して思いやりが持てるようになったのは、「家族を大切にする」という社風の影響かもしれません。
ヤマガタヤは、ぜったいにノーと言わない会社。ルールはありますが自由ですし、社長にもダイレクトに意見を伝えられる環境です。ヤマガタヤに入ったからには、臆せず意見を言ってほしいし、チャレンジしてほしいと思いますね。人生は一度きり。一緒にがんばりましょう!

先輩一覧に戻る